ラリーDay2のSS9を観戦 雪が無い!

2008年2月9日土曜日 午前4時起床。 起きる時は,「ほれ!日本はもう12時だぞ」と考えるとお目々ぱっちり。
でも朝ごはんなんか食べる時間はありません。 
ここのホテルは朝4時からレストランはやっていますが,食べてからだとSS9まで距離があるので間に合わない。 ま,いつものことなので,日本から持参したカロリー○イトと,歌舞伎揚げをバクバク。 普段はおせんべいなんて食べないんですが,こういうときはウマイ! 
午前5時ホテル出発。 カーナビにあらかじめSS9の観戦ポイントをインプットしてあるので,それを選択してGO!!! これ本当に優れものです。 ガーミン様仏様です。

ところでスウェーデンの道は,フィンランドと違って,ほとんど街灯がありません。 
あるとすればそれは町がある前後。 日が昇らないと,前も後ろも真っ暗な状態です。
ですから,対向車がいない限りほとんどハイビーム状態で,ちょっと怖いからラジオも大きな音出して突き進みます。 でもカーナビのおかげで紙の地図と進む道路番号を常に注意していなくてはならないストレスから開放されたのは大きいですね。
 
また,SSの入り口は,森の中へのアプローチなので,わかりにくい場所だったり,「SSこっち」の看板も雪が降っていたりすると見逃して,いったい自分が今どこを走っているのか??? となるとホント心細くなります。でもnuvi250のおかげで自信をもって後ろの車に「おれ様についてきな!」

午前6時過ぎ,SS手前の道路脇に駐車。 まだ,周囲は真っ暗です。 でも暗闇で大きな人影がゴソゴソ(スウェーデン人でかい!)。 もうかなりの観客が来ています。 
ラッキョウのように重ね着して,その下にはホカ○ンを腰と背中に貼り付け,最後にスキーウエアを着て…うーんそれにしても今年暖かいよなーと思いながら車から離れようとすると,ほっぺたに冷たい水が…あれれ雨? そう,小雨交じりの霧です。

自転車用のLEDライトで道を照らしながら,コースまで歩きます。 そうですね,ハンドライトは必携です。
まだ2時間ほどあるのでコース上は歩くことができますが,さすがにアイスバーン状態で滑ります。
10分くらい歩いて,コースが開けたところにたどり着いたので,写真が撮りやすそうな場所を選んで陣取りました。
こんなに朝早いのに,あとからあとから人が来ます。 皆熱心です。 薪を持参して早速朝ごはんのための火を起こす連中や大きなポットから熱々のコーヒーを注ぐ連中。 もちろんアルコール度数たかーい飲み物もグビグビ。
e0337967_01450499.jpg

だんだん明るくなるにつれ,道が白ではなく黒いことがわかってきました。 
雨が降るくらいですから,道にはほとんど雪はなく,黒いアイスバーン状態。

午前8時過ぎ,いよいよ1号車がくるぞっ! いつ見てもこのドキドキ感がいいですね。
[PR]
# by MackyWRC | 2008-05-09 19:21 | Rally Sweden

レンタカーにてホテルのあるオレブロへ

2008年2月8日金曜日 フィンランド経由でストックホルム着。
現地時間18時。 日本時間は午前2時。 
家を出てから既に20時間近く。でも眠くなるので日本時間は忘れることに。
空港でレンタカーをピックアップ。 
ストックホルム アーランダ空港のレンタカーは空港内にカウンターがありません。 
各レンタカー会社が集まっている事務所棟まで専用の無料バスで向かいます。 
他にお客さんがいたら最後に乗るのがテクニック。
なぜか?…事務所棟に着いたら真っ先にカウンターに行けるので。 
ラリー開催の時期はお客が集中することもあり,タイミングが悪いとけっこう待たされます。 
あれ,去年あったBudget社が無いですね。 
以前はAVISもぜんぜん違う場所にあって(5kmくらいストックホルム寄りのショッピングセンター内),返却する時すごーく焦りました(飛行機行っちゃうよぉ…冷汗)。

e0337967_01450284.jpg

今回はEuropcarでVWのPolo TDI 1.4Lディゼルターボをレンタル。小さいけど一人旅には十分。 
燃費は二日間で800kmほど走って20km/Lくらいでした。 ま,ほぼ平坦な高速道路主体ですから当然といえば当然ですが,スウェーデンではガソリンもディーゼルも値段は同じ,約220円/Lなので,燃費が良いことにこしたことはありません。
タイヤは短いスパイク付きなので,高速も雪道もOKです。 エンジン音は昔のいすずのディーゼルに比べればはるかに静かだし,言われなければ気がつかないかも。

空港から約2時間半,ヘッドクォーターのあるカールスタッド手前100kmの,オレブロという町に向かいます。 眠いのに,いきなり交通環境の違う国で運転するので,行きの飛行機の中で左ハンドルと右側通行のイメージトレーニングしたりしています。

今回は,昨年末に購入した,世界中で使えるガーミン社製のカーナビnuvi250にヨーロッパの地図をインストールし持参したので心強いです。
e0337967_01450220.jpg

【ダッシュボード下の四角い銀色画面がカーナビです】

海外で使うのは初めてなので本当に機能するのか少し不安でした。 
シガーライターから電源を取って起動後,少し待っていると,現在位置を見事に捕捉(感動!)。
e0337967_01450261.jpg



あらかじめ目的地のホテルをポイントしておいたので,それを選んでいざ出発。 
レンタカー会社貸出のカーナビと違って,ナビゲーションが日本語なので,とっさの判断が必要な自動車の運転には助かります。
e0337967_01450252.jpg



オレブロまでは高速道路さえ外さなければ,単調な道で,睡魔と闘いながらのドライブです。 じゃカーナビなんていらない? いえいえ,高速を降りてからが問題なんですね。
昨年は高速から見えるホテルだったので何も考えずに到着できましたが,今回のホテルはオレブロの西の町はずれ。 一旦高速から降りると,けっこう迷います。しかも頭は深夜,周りは暗い。 早くシャワー浴びてベットにもぐりたーい。

で,おかげさまで全く迷わず到着。 現地20時,日本は午前4時Zzzz。
あ,チェックインの前に,近くのGSでディーゼル満タンと明日の食料と飲み物を購入。
支払いはカードで払うのですが,こちらではかなりの小額でもカードが当たり前。
ですから,日本を出るときも1万円程度しか両替しないです。 
しかもまだ意地張ってユーロじゃなくスウェーデンクローネですから,余ると邪魔くさい。

レジではサインの代わりにPINコードを自分で入力。 
昨年は何の数字を入れたらいいのかわからず,「ぴんこーど??? わからないです」「パスポートOK?」で勘弁してもらいましたが,今年はばっちり! なーんだ,カード用の暗証番号かい! 
でも日本じゃPINコードなんてあまり使わないから忘れたり,私のように知らない人も多いのでは?
[PR]
# by MackyWRC | 2008-05-09 19:17 | Rally Sweden

2008 WRC R2 Sweden

2008年2月に行われた世界ラリー選手権第2戦,Uddeholm Swedish Rally に2泊4日のスケジュールで行きました。昨年はマイナス15度!今年も寒いのかな?と覚悟していました。
e0337967_01450167.jpg

ところがなんと今年は雪が無い! しかも朝は雨と霧。
[PR]
# by MackyWRC | 2008-05-09 01:04 | Rally Sweden