<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2010 Swedish Rally Day2

Day1のサービスからホテルに着いたのは、午後9時過ぎ。
写真データをノートPCと外付けのハードディスクにバックアップして、
ゴソゴソ色々やって寝たのが午前12時過ぎ。

Day2はDay1より50kmくらいホテルに近いSS11 Fredriksbergを目指すことに。
ここなら10:42に一号車スタートなので、ホテルで朝食をとってからでも間に合います。
といってもホテルの週末の朝食は朝7時からなので、ほぼ出かけられる状態で、
そそくさと食べ、ついでにお昼のサンドイッチを作って7時20分にはスタートです。

ラリーガイド本に「クレスト」と書いてあるポイントへ。
到着は10時前でしたが、ロードサイドには既に車の列が連なり、2kmほど歩くことに。

SSコースに出たところで、「右?か左か?」。 うーん「右!」と勝手に思い込み(笑)。
しばらく歩くと確かにクレストが現れ、その両サイドにはスペクテイターが既に多数陣取り、
「ここは必ず飛ぶ」ということを確信しました。
で、クレストの頂点から着地点になりそうな先を見渡すと、ベストポジションになりそうな
場所ががら空き。 
「ここしかないでしょう!」ということで、ふかふかの雪に足をとられながら、
なんとか場所を確保。 こんなに雪が多いとは。カンジキが欲しくなりました。
  
スタートが迫った時間に到着して、こんな場所が確保できるなんていう状況はフィンランドでは無いですね。
ま、相対的にスペクテイターの数が少ないということですね。

ところが、人がいるとうのには何かわけがある。というのは誰しも考えることで、
しばらくたつと一人、二人と私のそばに。 ただ先人には敬意をということで、露骨に
撮影の邪魔になるようなことをしないのがラリー観戦での不文律(笑)。

隣に来たのは、チェコのお兄さん。 WRC観戦は初めてだそうです。

さていよいよスタート・・・なのに定時を過ぎても一台も来ません。
なんとその前のSS10で観客がコースにあふれ、スタートが約一時間遅れるとか。
その情報は、観客のお姉さんが親切に歩きながら皆に知らせてくれました。

さて、待ちに待ってついに一号車のヒルボネンです!!!
e0337967_01490537.jpg


e0337967_01490663.jpg

[PR]
by MackyWRC | 2010-02-28 17:29 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 Service Part3

45分間のフレックスサービスが終了し、いよいよ本日最終SS8・・・100km離れたHQのある
カールスタッドのスーパースペシャルへ。
朝一番のSSが8時18分スタートなので、12時間以上。 皆本当にタフです。
という自分もここからホテルまでは2時間半くらいのドライブ。
既に18時は過ぎているので、日本時間だと夜中の2時過ぎ・・・と考えると眠くなるので
ですが、外にいる限りは寒さで眠気など感じません。
でも車でヒーターが効いてくると・・・ZZzzzかな(笑)。

ライコネン出撃・・・リンドストロームのサムアップがいいですね!
e0337967_01490393.jpg


おみやげ屋さんも寒そう。 でも皆愛想いいです。
e0337967_01490477.jpg


裏方はいつも大変です。
e0337967_01490482.jpg


ということでホテルへ引き返します。
マイナス10℃くらい+真っ暗闇+ガチガチに凍った道+80km/h以上のハイスピード。
眠くなるどころか、緊張で肩がこりました(爆)。
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-27 11:40 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 Service Part2

今年から大きく変わったのは、サービスのレイアウト。
去年までは、車はスペクテイター側からサービステントに入るため、
距離は遠いし、トランク側しか見えない状況でしたが、今年からは正面を向いて
入るようになったため、プレスが通る通路を挟んでの距離となり、非常に良いです。

ま、昔はサービスパークなど無く、要所要所にサービスポイントがあり、それこそ
ドライバーもサービス風景も目の前とういう状況でしたから、それと比べるとねぇ。

今でも憶えているのが、コルシカでセリカに乗ったカンクネンがサービスに入ってきた
時に、ナビのニッキー・グリストが助手席からその前に使ったペースノートを「ポイ」と
自分の目の前に投げ捨て、一瞬「え、持って行っても?」と思っていたら、隣にいた
観客がさっと持っていってしまったことです。 今ではありえなーいほど距離が近かった!

今回はライコネン狙いでずっとシトロエン・ジュニアチームの前で待ちました。

まず、オジェが入ってきて、メカニックが一斉にとりかかります。
ミッションの交換のようでしたが、早い早い!
e0337967_01485916.jpg


しばらくして、ライコネン。 ラジエター交換です。
e0337967_01490066.jpg

こういう光景は、去年までは見られなかったので、楽しいですね!

冷却水を抜いて、ラジエターを外すとエンジンルームが丸見え。
e0337967_01490172.jpg

2台でメカニック8人。その作業をエンジニアが見守ります。
エンジニアは手を出せないので、後ろに手を組んでいます。 
手が前だと思わず触ってしまうのでしょう(笑)。

e0337967_01490170.jpg


e0337967_01490220.jpg

[PR]
by MackyWRC | 2010-02-24 23:03 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 Service

Day1の最終サービス風景です。 Hagforsという町の小さな空港が舞台です。
e0337967_01485655.jpg


ラジオの実況ですか?
e0337967_01485796.jpg


フィンランドからの応援。 ハンドマイクで「キミ・ライコネン」を連呼!
でも着ている服は「FORD」なんですが・・・
e0337967_01485754.jpg


ライコネンのサービス。こうやってTVクルーが追いかけてきます。
e0337967_01485843.jpg

ちょっと邪魔なんですけど・・・
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-22 22:04 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 SS4 Part4

WRCクラスが終了すると、しばらくして国内選手権?が同じコースで行なわれます。
結構待ちますが、その間に酔っ払いが大声で叫んだり、ケンカが始まったり・・・

そういえばドイツでは、ルーチン2本目を待っている間にクラッシックラリーカーが
本気のスピードで走ってくれます。
ランチアラリー、ルノー5、ポルシェ、ストラトスなどなど、非常に楽しかったので、
プロモーターはそういうサポートイベントにももっと力を入れて欲しいですね。

3、4時間ただ待つのは結構つらいです。 ならば他のSSに回ればよいのですが、
移動時間が中途半端で次のステージに間に合わなかったり、トップ15台くらい通過したら、
ですぐに移動しなくてはならなかったり・・・疲れきってしまいます。

さて、コースサイドの観戦位置は、WRCよりさらに緩くなります。
というか、コースサイドすぐ脇で見てもOK。 
もちろんリスクをよーく考えて、ですが。
e0337967_01485205.jpg

広角16mmで撮ってます。 手前の帽子の影は自分です。

e0337967_01485247.jpg

ほぼ皆さん見ていません(笑)。

e0337967_01485313.jpg


e0337967_01485453.jpg

エボリューションⅩも良く見るようになりましたね。

e0337967_01485513.jpg

タイヤはピレリのワンメイクかと思いますが、車自体はヨコハマタイヤという・・・

e0337967_01485532.jpg

懐かしいカローラもまだ現役です。
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-20 10:42 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 SS4 Part3

ヘニング・・・兄弟対決
e0337967_01484886.jpg


オストベルグ・・・ノルウェー勢3台目
e0337967_01484954.jpg


グロンホルム・・・この色はピント合いにくいです
e0337967_01484916.jpg


アルカシミ・・・出身地なんのその
e0337967_01484997.jpg


ライコネン・・・一年生がんばれ!!!
e0337967_01485043.jpg


プロコップ・・・チェコのアンパンマン(笑)
e0337967_01485067.jpg

S2000・・・スタイルはOK、格好良いです
迫力・・・WRカーと比べると星2つ・・・かな

サンデル・・・シュコダは他にも多数出場
e0337967_01485103.jpg

[PR]
by MackyWRC | 2010-02-16 14:35 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 SS4 Part2

トップ2台の通過で、ちょっとめげました。
いっちゃったよー、てな感覚。
3台目は誰? 現場にいると、順位などが結構わからない状況になります。
特にフィンランドのように観客がライブのラジオ放送をガンガン流してくれないので。

で、ソルド。
e0337967_01484702.jpg


次、ラトバラ君・・・一昨年優勝したけど、その後の波乱万丈でちょっと押さえ気味!?
e0337967_01484708.jpg


新生ペター!
e0337967_01484814.jpg

ん? ファインダー越しに見える!

で、ここで気がつきました! トップ2台の通過速度が異常に速い!!!
後でタイムをチェックすると、ソルド+4.6秒 ラトバラ+6.5秒・・・納得。
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-16 03:29 | Rally Sweden

2010 Swedish Rally Day1 SS4

セーフティの「0カー」が通過して、いよいよトップスタートのローブが来ます。
e0337967_01484614.jpg

しかし、このときいやな予感がしました。
ゼロカーの速度でもこの雪煙・・・もしかして・・・

ローブが来た!
e0337967_01484675.jpg

こういうのを本当に「煙に巻く」というのでしょう(笑)。
何がなんだかわからない間に、クレストを過ぎて行きました。
半年ぶりの観戦なので、本番のラリーカーの通過速度感覚が、完全にぼけていました。
というか、ローブが目を覚ましてくれました。

次はヒルボネン・・・こりゃ次もだめだなー
e0337967_01484607.jpg

ということで、広角側で構え直し。 
もう少し手前から連写しているのですが、まるで追えていない(汗)。
通過後の舞い上がったスノーダストが、きらきらと美しいのですが・・・
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-16 02:50 | Rally Sweden

WRC2010 開幕しました

しばらくラリーねたから離れておりました。
ま、シーズンオフだったわけで・・・
さて、いよいよ始まりました!
で、スウェーデンに行って来ました。
e0337967_01483934.jpg

というかまだ日本に戻っておりませんで、経由地ヘルシンキからのアップです。

3日間を通してほぼ快晴。 
気温も朝晩はそれなりですが、日中はマイナス5℃くらいだった思います。
e0337967_01484095.jpg

SSに向かう途中での気温。

2月12日のDay1は、ホテルで朝食をとってからでも間に合うSS4へ。
泊まったホテルは、HQのあるカールスタッドから100kmほど東のオレブロという街。 
ここからだと、どのSSへも片道150km以上。
カールスタッドに泊まってもそれくらいは走るので、ホテルの値段を
考えたら・・・カールスタッドだと一泊2万円以上?

e0337967_01484578.jpg

観戦ポイントは、コース情報で「開けた場所」ということで、SSのゴール近くへ。 
結果は、見るだけなら良いですが、写真を撮るには通過速度が速すぎて、
車を追いきれないという、ちょっと失敗ポイントでした。
ですが、コースサイドのド迫力を久々に味わえました。

スウェーデンは、比較的セーフティの縛りがゆるいです(もちろんデタラメは許されません)
それから、観客の絶対数が少ないので、場所取りにはあまり苦労しません。
スタートぎりぎりに行ってもほぼ問題ないですね。
ただし、遅く到着した分、車を止めてから歩く覚悟は必要ですが(笑)。
[PR]
by MackyWRC | 2010-02-16 02:26 | Rally Sweden

今回の一番

アルタからフィンランドへ戻る途中にて
e0337967_01483805.jpg


北の果てからもどると、ヘルシンキは都会ですね(笑)
e0337967_01483979.jpg

[PR]
by MackyWRC | 2010-02-09 13:38 | 旅行