海外レンタカー

e0337967_01572675.jpg

今回のドイツでのGPS記録です。175km/h以上は、車が信頼できずアクセルを控えました。

レンタカーはここで予約。
フィンランドでも同じところを利用しました。

確かに、大手レンタカー会社で直接予約するより、かなり「安い」です。
1.基本料金が安い。
2.空港で借りる場合のチャージがかからない。
 これは結構くせもので、H社など大手では、空港で借りると3~4千円上乗せされます。
3.スーパーカバー等(免責金額ゼロ)の保険が安い。
 普通のCDWでは、万が一の場合、800~1000ユーロはこちらの負担になります。
 なので、借りる時のオプションとしては加入必須ですが、やはり大手では一週間で
 1万円程度上乗せになります。
4.48時間前までなら、キャンセル料金はかからない、などなど。

ですが、安いのにはそれなりの「理由」があります。というか、今回初めて利用してわかりました。
1.料金は先払い=予約した時点で、クレジットカードから引き落とされる。
2.さまざまなレンタカー会社と契約しており、その中から借りたいクラスの一番安い会社を
 選択される=こちらに選択権はなく、「この条件で予約確定」の後に、メールでレンタカー
 会社が知らされる。 これはちょっと躊躇しますね。

 料金の安さからいって、H社やA社など大手になることはまず無いのでは。
 今回もフィンランドでは、A社の子会社?のB社、ドイツではH社の子会社?のAd社でした。
 「子会社?」というのは、窓口や貸出のパーキングを共有しており、係員も大手の名前の
 入ったジャケットを着て応対していたからです。
3.車は選択した車ではなく「クラス相当」の車となります(これは大手も同じですね)。
4.その車が大手と比べ、かなりボロイです。
 フィンランドでは;
  イ:走行距離3.5万キロを超えた日産ノート。
  ロ:初めからフロントガラスにヒビが入っている。
  ハ:左後ろにこすり傷あり。
  ニ:タイヤの山が3分山程度=グラベルで滑りまくり怖かった!

 ドイツでは;
  イ:走行距離が5万キロ超えたオペルコルサ。
    今どきレッドゾーンが6500回転、なのにダルなガソリンエンジン、燃費悪い。
    ガソリンは約170円/L(1ユーロ=100円)。
  ロ:ボンネットが初めからへこんでいる。
  ハ:夏なのにタイヤが、マッド&スノーのフニャフニャなトレッド。
    アウトバーン飛ばすのに、ハンドリングがダルで不安でした。
  ニ:どうも初めから左後ろのバンパーに擦り傷があったらしく、返却時に
    こちらのせいにされそうになりました。
    申告書みたいな紙に「I don't know」と書き、サインさせられました。
    まだ、請求書が来ないので、おそらく無罪放免かと思いますが。
    これは、借りる前に、初めから指摘してある傷以外に何か問題ないかチェック
    しなくてはならないのですが、よほど大きな傷以外、実際はかなり難しいのでは
    ないかと思いますね。
  ホ:床は掃除してあったが、ダッシュボード上はほこりだらけ。
5.万が一の場合、免責分の料金はレンタカー会社に一旦こちらが支払ます。
 そのため、レンタル料金は払い済みですが、クレジットカード番号を控えられます。
 その支払い明細によって、後日この会社から返金となるようです。
 実質負担は無いわけですが、手続きが面倒そうです(今回は幸いお世話になりませんでした)。

ということで、車に関しては、どうも大手のお下がりを致命傷以外は修理せずにそのまま
貸しているみたいな印象です(あくまで想像)。
で、これも想像ですが、大手レンタカー会社は、客が傷つけてきた車を免責金額分請求し、
実際には修理しないで、こちらの「子会社?」の貸出車に使っているのではないか、という疑問。

つまり、客から免責分の1000ユーロを頂いておいて何もせず、1000ユーロまるもうけ???
だって、レンタカー会社から、修理した証拠書類や写真などの報告はあるのですかねぇ?
その辺、どなたか経験者はいらっしゃいませんか。

さて次回は、安さをとるか、信頼をとるか・・・
[PR]
by MackyWRC | 2012-09-16 23:46 | 旅行
<< コブレンツにて その2 コブレンツにて >>