新型インプレッサがアクロポリスでデビュー

第2戦の様子を書いているうちにWRC自体は5月末で第7戦ギリシャが始まってしまいますね。
でもそこでついに新型インプレッサがデビュー!
是非ペター,クリスどちらかにデビューWinを!!! 

初代インプレッサは93年1000湖ラリーに衝撃のデビュー…SS1でマルク・アレンがいきなり岩に激突リタイア (事実上現役最後のレースになってしまった)+アリ・ヴァタネンの2位入賞。 
優勝は確かユハ・カンクネンのセリカ。 私いきましたが、8月下旬で雨で寒かった印象があります。
基本スタイル(中身は別)を変えないで15年間現役だったラリーカーは他には無いのでは?
普通ワークスが新型を出す場合,スムースグラベルのフィンランドだったり,年明けのモンテカルロだったりするのが,超過酷なアクロポリスを選んだというのがスゴイですね。
[PR]
by MackyWRC | 2008-05-21 23:40 | Rally Finland
<< 本当に冬のSweden? SS12はキャンセル でサービスへ >>